petite lettre

英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編

英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編

英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法  (Barack Obama The Audacity of Hope編) part1 英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法  (Barack Obama The Audacity of Hope編) part2 英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法  (Barack Obama The Audacity of Hope編) part3 英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法  (Barack Obama The Audacity of Hope編) part4 英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法  (Barack Obama The Audacity of Hope編) part5

著者:石渡 誠
発行年月日:(Part1) 2013年4月20日 (Part2) 2013年7月26日 (Part3) 2014年1月25日 (Part4) 2014年5月16日 (Part5) 2014年7月25日
価格:各300円
ISBN:(Part1) 978-4-970278-04-5 (Part2) 978-4-970278-06-9 (Part3) 978-4-972078-23-6 (Part4) 978-4-972078-31-1 (Part5) 978-4-972078-33-5

購入ストア:Amazon iBookstore Google Play 楽天 Kobo 

【書籍購入者用ダウンロードファイル・動画リスト】

音声ダウンロード(zipファイル)
Part1  Part2  Part3  Part4  Part5

アクセント&イントネーション確認用シート(pdf)
Part1  Part2  Part3  Part4  Part5

動画リスト
Part1  Part2  Part3  Part4  Part5

【内容紹介】

オバマの有名なスピーチを使って英語をモノにする!

英語上達に大きな効果のある「朗唱」というインプット学習法を使った実践的なトレーニングブックです。

オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説を使って「朗唱」を実践する、『英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編』シリーズ全5冊を約2ヶ月ごとに発売していきます。

ただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。

このスピーチは全体で16分ほどありますが、これを5つのパートに分けて、丁寧に、練習のポイントやパラグラフごとの意味づけなどを解説しています。1つのパートを2ヶ月くらいかけて練習していきましょう。

本書を徹底的に使って、英語スピーチ朗唱法の実践練習に取り組んでみてください。

「朗唱」とは
単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。

FORWARD生徒の朗唱体験記を読む

【目次】
1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習
  1-1 効果的、効率的に英語を学ぶ方法
  1-2 スピーチの朗唱による英語力習得の効果
2. “The Audacity of Hope”の紹介
  2-1 “The Audacity of Hope”のスピーチ動画
  2-2 “The Audacity of Hope”のスピーチ全文
  2-3 “The Audacity of Hope”演説の背景
  2-4 オバマスピーチの魅力
3. スピーチを使った英語の朗唱学習法
  3-1 「3C英語学習法」
  3-2 Step1: Cut (音の区切りごとにカットしながら練習する)
  3-3 Step2: Connect (区切った音をつなげて練習する)
  3-4 Step3: Consider (フレーズ、表現、意味、構造、スピーチ・テクニックを知る)
4章〜. 実践練習
実践練習応用編:「オバマ・スタイル・スピーチ」を作ってみよう(Part1とPart2のみ)

【著者紹介】
MakotoIshiwata
英語スクールFORWARD代表 石渡誠

南アラバマ大学でコミュニケーション学と英語学、ジョージタウン大学院で英語教授法修士号、4年間で学士・修士号を取得。他、ハーバード大学夏期講座、演劇と言語学を受講。帰国後は松本亨高等英語専門学校を引き継ぎ、教育現場にて英語教育に専念。発音、演説、テスト対策、プロフェッショナルプレゼンテーションを中心に、英字新聞、ビジネス英語等、幅広く指導にあたる。2004年カプラン・ジャパン代表就任。カリキュラム構築、マネジメントを手がける。ユニークな指導方法は、米国ABC放送や、ウォールストリートジャーナル誌などで紹介される。

新TOEICテストが初施行された2006年5月公開テスト/990点満点。2007年1月21日施行、第1回新TOEICスピーキング・ライティング公開テスト/各200点満点。次世代TOEFLテスト公開テスト/リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングセクション各30点満点。

購入ストア:Amazon iBookstore Google Play 楽天 Kobo

プチ・レトルの発行書籍紹介

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プチ・レトルの発行書籍紹介

  • twitter
PAGETOP
Copyright © プチ・レトル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.