「いつか洋書を読んでみたいけど、量が多くて大変そう」
「洋書を買ってみたものの、知らない単語が多くて読めなかった」
「何度も洋書に挑戦しているけど、途中で挫折してしまう」

英語を勉強していると洋書に憧れる一方で、1冊読み切るのは難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。
本書は、トレーニングを通して、「洋書を1冊読み切れる力」を身に付けることができるようになる本です。洋書に限らず、英語の雑誌やウェブサイトのニュースなど、ネイティブが読むような記事もすらすら読めるようになります。TOEIC・TOEFLなどで出題される英文であれば、「あれ、こんなに短かったっけ?」と、今までと比べて格段に楽に読めることを実感できるでしょう!

さて、本書では「洋書を1冊読み切れる力」を身に付けるために、次の3つの方法を紹介します。

・1日30分×1ヶ月の速読トレーニング
・記憶の仕組みを利用したブレイン・ボキャビル
・単語を調べながら読み進められる電子書籍活用

これらは、著者のタニケイ(谷口恵子)さんが、自身の経験から生み出した最も効果的なリーディングのトレーニング方法で、本書では「タニケイ式リーディング」と呼んでいます。
リーディングのトレーニングと聞くと、「成果が出るまでに時間がかかりそう」「地道な勉強を黙々と続けるのはつまらなさそう」と感じる方も多いかもしれません。しかし、昨年出版し、現在でも好評の『3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング』<リンク>にも共通するように、タニケイさんがすすめるトレーニング方法は、「無理なく続く・楽しい・効果抜群」であることが特徴です。そのため、仕事や勉強で日々忙しい方でも毎日続けられ、次のような効果を実感することができます!

・英文の読み方が変わり、読むスピードが格段に上がる!
・大量の英文でも、疲れることなく読み続ける読書体力が身に付く!
・語彙力強化で、リーディングがどんどん楽になる!

また本書は、「今日から使える1ヶ月分の速読トレーニング教材」と、「洋書を読むためにまず覚えるべき厳選1000単語リスト」付きなので、本書を使ってすぐにトレーニングを開始することができるようになっています。

編集担当の私も英語学習者の一人ですが、リーディングにおいては「読むのが遅い」「知らない単語が多い」というのが悩みでした。しかも単語にいたっては、大学受験の頃からずっと「暗記も嫌い」という救いようのない状態だったのです。
しかし、「タニケイ式リーディング」の結果、一語一句丁寧に英語を読む、という自分の癖から脱却し、素早く意味を捉えながら読むことができるようになり、長い英文を読むことが苦ではなくなりました。
また、語呂合わせで楽しく単語を覚えられる「ブレイン・ボキャビル」には、とてもハマってしまい、毎日単語を覚えるのが楽しくて仕方ないという、自分史上「前代未聞の現象」に驚いたほどです(大学受験前の自分に教えてあげたいです)。その結果、2ヶ月で2,000単語を覚えることができました!

学校できちんと英語を勉強してきた方ほど「リーディング」「単語暗記」を難しいものと捉えがちであるような気がします。本書のタイトルに「学校では教えてくれない!」とありますが、「タニケイ式リーディング」は試験対策としてではなく、自分の興味のある洋書や英語雑誌を楽しむために必要な力を身に付けるトレーニングです。
そのため、今まで「リーディング」や「単語暗記」に苦手意識のあった方にこそ、「こんなふうに楽しく英語を読めるんだ」という喜びを味わっていただけたら嬉しく思います。また、「洋書を読んでみたい」という憧れを実現するために、本書が皆さまのお役に立てれば幸いです。

【書店で購入される方はコチラ】
本書を購入できる全国書店一覧

【Amazonで購入される方はコチラ】