子どもの未来を広げる「おやこえいご」 ~バイリンガルを育てる幼児英語メソッド~

  • HOME »
  • 子どもの未来を広げる「おやこえいご」 ~バイリンガルを育てる幼児英語メソッド~

子どもの未来を広げる「おやこえいご」~バイリンガルを育てる幼児英語メソッド~
著者:小田せつこ
発行年月日:2019年5月20日
価格:1500円(本体)+税
ISBN:978-4-907278-71-7 C0037 四六判 256頁

【書店で購入する】本書を購入できる全国書店一覧
【通販サイトで注文する】
Amazonで購入 honto 楽天

 
試し読みをする
(はじめに~第1章まで試し読みができます)

<内容紹介>
「ムリなく、ムダなく、18歳でバイリンガルに!」をモットーに、幼児期の英語教育の取り組み方について解説した本。自身の2人の子どもをバイリンガルに育て、幼児から小学生までの英語教室「おやこえいごくらぶ」を運営する大学教授が、本当に効果的な幼児英語について語ります。「いつから子どもに英語をやらせたらいいんだろう?」「親の英語力が高くないと幼児英語は難しそう」「英語の教材はどれも高額で手が出ない」といった悩みを抱えている親御さん必読!

◇本書で紹介する「おやこえいご」の特徴◇

・目指すは「ムリなく、ムダなく」18歳でバイリンガル!
「おやこえいご」では、3歳で英語ペラペラのちびっこバイリンガルを育てたり、最年少で英検1級を取得させたりといった、極端な英語育児は行いません。「おやこえいご」のゴールは、子どもに英語という強い味方をプレゼントし、子どもの将来の選択肢を増やしてあげることです。そのため、子どもの発達段階にきちんと合った学習法を取り入れることで、偏りのない真の英語力を身につけ、子どもが自身の進路を考える年齢(18歳頃)になるとき、バイリンガルになっていることを目指します。

・パパママに高い英語力がなくても大丈夫!
「おやこえいご」では、パパママが子どもに英語を教える必要はありません。パパママが家ですべきは、子どもが小さいうちに英語に触れさせ、慣れ親しませること。そして、子どもが気付いたときには「生活の一部に英語が当たり前にあった」という環境を作ることです。こうした環境を用意してあげることが、将来子どもの英語力を開花させるための、「英語の種まき」になるのです!

・多額のお金をかけなくても英語はできる!
本書のモットー「ムリなく、ムダなく」は、経済的なムリムダも含んでいます。今は、無料でも英語学習に使えるコンテンツが入手できる時代。本書では、経済的かつ良質なコンテンツや、学習法を紹介します。また、経済面の「ムリなく、ムダなく」を実現するため、18歳までの英語教育の間の、お金のかけ時・貯め時についても解説。計画的な英語教育が実現します!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
PAGETOP
Copyright © プチ・レトル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.