ネイティブと英語で料理やゲームを楽しもう!少人数でアットホームなMeetup紹介☆ | Enjoy Learning English!!

*

ネイティブと英語で料理やゲームを楽しもう!少人数でアットホームなMeetup紹介☆

公開日: : 最終更新日:2015/12/25

こんにちは、ゆーかです!

英語学習の方法として最近よくオススメしているのが「Meetup」というサイトです。Meetupとは、共通の趣味や目的を持った人たちが、さまざまな活動を通して英語でコミュニケーションを図る集まりです。外国人の友だちを作りたい、実際に英語を話したいと思っている方にはピッタリの場です!過去のブログでもMeetupについて紹介していますので、詳しくは『Meetupで日本在住の外国人と英語で交流してみよう!』をご覧ください☆

Meetupは、本当に色々な種類のグループがあります。始めは、自分に合った雰囲気のグループを探すのが大変かもしれません。人によっては、人数が多くワイワイとノリの良いMeetupは、慣れていないと入っていきにくいかもしれません。そこで今回は、初心者でも行きやすく、少人数でアットホームな雰囲気で英会話を楽しめるMeetupをご紹介します!

Meetupの登録はこちらからできます!
http://www.meetup.com/

「Walter’s English Club」とは

「Walter’s English Club」とは、オーガナイザーのたくみさんのMeetup「International Community 新しい友達を作ろう! in Akasaka」の中のイベントの一つです。たくみさんのイベントは基本的に赤坂にあるコワーキングスペース「coworking spot Akasaka」にて行われています。「ご飯を作って食べたりゲームをしながら英語で交流し、今まで出会っていなかった人たちがつながる楽しい場所」をテーマに行っているMeetupです。オーガナイザーのたくみさんは、とてもチャーミングでおっとりとした雰囲気の女の子です。そんな可愛らしい雰囲気からは想像できないほど、大きな夢とバイタリティに溢れるとても魅力的な方です!!

たくみさんは、毎回様々なテーマでイベントを企画してくれます。その中でもオススメなのが「Walter’s English Club」というイベントです!「Walter’s English Club」とは、アメリカにずっと住んでいた日本人バイリンガルのWalterさんと一緒に、みんなで英語で話そう!という企画です。Walterさんはたくみさんのお友達だそうで、このWalter’s English Clubを開催するのも2回目だそうです。そこで今回は「Walter’s English Club Vol.2 みんなでお好み焼きを作ろうの会」に参加したときの様子を報告します☆

どうして「Walter’s English Club」がオススメなの?

①アットホームな雰囲気で、初心者でも安心!
オーガナイザーのたくみさんが醸し出す優しい雰囲気のおかげで、Meetupが初めての方や、英語があまり自身のない方でも、すっと入り込みやすいです!始めにみんなで自己紹介をしたり、そこでお互いに質問をし合ったりするので、みんなすぐに打ち解けることができます。「喋りたい人同士でどうぞ」という感じではなく、たくみさんが一人ひとり話を振ってくれたり、順番を促してくれるので、自分からぐいぐい話せない方も安心です!

②少人数なのでたくさん英語が話せる!
基本的に少人数のMeetupなので、参加している全員とたくさん話すことができます!人数が多いと、「同じ人と長く話してしまって他の人とあまり話せなかった」ということもありますが、「Walter’s English Club」では全員と、しかも内容の深い話までできます!「大勢いるとあまり自分の話ができない」という方も、少人数なら焦らず自分の思っていることを話すことができのではないでしょうか。

③自然とリアルな英語が身につく!
教科書やホワイトボードは使わずに、ただ一緒にゲームをしたり、ご飯を作ったりすることで、自然と英語が身についていくんです!教科書に出てくるセリフは、いつどこで使うかも分からないものが多いですよね。それに対して、ゲームや料理は日常生活でよくすることです。それを全部英語で行うのだから、その方がよっぽどリアルな英語を身に付けることができるのです。それに、バイリンガルのWalterさんが、単語や言い回しなどリアルな英語を教えてくれるので、とても勉強になります!

「Walter’s English Club Vol.2 みんなでお好み焼きを作ろうの会」体験レポート☆

当日参加した人は、たくみさんとWalterさん以外に、日本人が(私を含めて)3人、中国人が1人でした。合計6人という少人数で、とても話しやすい雰囲気でした。お好み焼きを作るときは、中国人の方が自分で作るのは初めてだということで、みんなで作り方を教えてあげました!お好み焼きは、外国人にも馴染みのある日本食ですが、さすがに自分で作ったことのある方はあまりいないのかもしれません。中国人の彼は、初めて自分で作ってすごく嬉しそうでした。そして私たち日本人も、作り方を教えるにあたって英語で説明しなくてはなりません。例えば「フライ返しを使って」と言いたかったとき、フライ返しって英語で何て言うんだろう・・・。その場に居る誰も分かりませんでした。そこでWalterさんが、「Spatula」だと教えてくれました。それから何回も「Spatula」を使うシーンが出てきて、みんな何度も口にしていました。勉強としてでなく、とてもナチュラルに英語を覚えることができます。

みんなでお好み焼きを囲む様子がこちら!
KIMG1605[1]

お好み焼きを食べ終わって、机の上を片付けているとき、みんなで「片づける」って「Clean up」が良いのか、「Put away」が良いのかと話していると、またまたWalterさんが教えてくれました!「Put away」はイスやテーブルを動かしたり、整理整頓するようなニュアンスの「片付ける」、「Clean up」は、机の上を拭いたりゴミを捨てるといった内容の「片付ける」なので、今回は「Clean up」を使うのが良いのだそうです!バイリンガルの方に聞くと、こうした言葉のニュアンスまで教えてくれるのでとても勉強になります!

最後にみんなで撮った写真です☆
12325586_967940579964415_851899576_o

「Walter’s English Club」に参加してみよう!

実際に参加する方は、まずはミートアップに登録しましょう!(ミートアップの登録はこちらから!)
そして、「International Community 新しい友達を作ろう!in Akasaka」というグループのメンバーになります。そこから、たくみさんの企画するイベントの一覧を見ることができます。次の「Walter’s English Club」がいつ企画されるかは分かりませんが、メンバーになっておけば次の予定をいつでも確認することができます!
ミートアップについての詳細は、こちらのブログ『Meetupで日本在住の外国人と英語で交流してみよう!』をご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


  • follow us in feedly




タニケイの電子書籍は現在23冊出ています。
最新刊は6/9発売通訳案内士のすべてがわかる本です。

Amazonで販売中のタニケイ電子書籍はこちら


タニケイプロフィール

谷口 恵子(タニケイ)

プチ・レトル株式会社 CDO
ワクワク英語学習コーチ
TOEIC 980点(リスニング満点)
Street Academy Platinum Teacher

more


PAGE TOP ↑