突然話しかけられてもあわてない!!「とっさのまちなか英会話」

とっさのまちなか英会話_cover突然話しかけられてもあわてない!!「とっさのまちなか英会話」
著者:谷口 恵子(タニケイ)
発行年月日:2015年3月25日
価格:299円
ISBN:978-4-970278-40-8


購入ストアAmazon

【内容紹介】

もし明日、街で外国人に「Excuse me?」と突然道を聞かれたら、あなたはどうしますか?とっさに英語で道案内できるでしょうか?

外国人とのとっさの英会話。実は、それはそんなに難しいことではありません。ほんの少しの簡単な英会話フレーズを知っているだけで良いのです。
英語にちょっとでも興味のある方なら「そんな英語が話せたら、街で困っている外国人を自分が助けてあげられるのに!」なんて思うのではないでしょうか。

本書は、そんな気持ちをお持ちの方、特に英語学習を始めたばかりの方や、英語をこれからがんばっていきたいと思っている方のための本です。易しい、使いやすいフレーズを使って、まちなかで外国人観光客を助けてあげるのに必要な英語の会話を練習できるようになっています。

この本では、まず1章で、外国人観光客に聞かれそうな英語フレーズの中でも、特によく使われる10種類の表現を学びます。続く2章では、実際にありそうな15のシチュエーションごとに、ネイティブと日本人の会話動画を見て、その英語を聞き取り、そして回答する練習ができるようになっています。回答例や解説、その他にありえる質問・回答の例や、「覚えておきたい語彙一覧」も載せています。

2020年には東京オリンピックが開催されます。世界中からたくさんの外国人観光客が日本に、そしてあなたの街にやってくるでしょう。それは同時に、道で迷っていたり、駅で困っていたりする外国人に出会う機会が増えるということです。その時、迷わず彼らを助けてあげられるように、外国人観光客に「日本は親切な人が多いな。素敵な国だな。」と思ってもらえるように、この『とっさのまちなか英会話』を使って役立つ英語を学んでいきましょう!

【目次】
はじめに
本書の使い方
1章 これだけは覚えたい! 10個の「まちなか英会話」表現
 1. Can(Could) you~? 「~してもらえますか?」
 2. Can(Could) you tell me~? 「〜を教えてくれますか?」
 3. Do you know~? 「〜を知っていますか?」
 4. Can I~? 「〜してもいいですか?/ (自分が)〜できますか?」
 5. Is this~? 「これは〜ですか?」
 6. Where is~? 「〜はどこにありますか」
 7. Is there~ 「〜はありますか?」
 8. How to~ 「〜の仕方」
 9. It’s~ 「〜です」
 10. Let me~ 「私に〜させてください」

2章 15のシチュエーションで学ぶ! 「まちなか英会話」実践編
 シチュエーション1. 駅の構内にて(1)
 シチュエーション2. 駅の構内にて(2)
 シチュエーション3. 駅の構内にて(3)
 シチュエーション4. 駅の構内にて(4)
 シチュエーション5. 駅のホームにて
 シチュエーション6. 電車の中にて
 シチュエーション7. 道端にて(1)
 シチュエーション8. 道端にて(2)
 シチュエーション9. 道端にて(3)
 シチュエーション10. 道端にて(4)
 シチュエーション11. お店にて(1)
 シチュエーション12. お店にて(2)
 シチュエーション13. レジにて
 シチュエーション14. カフェにて
 シチュエーション15. 美術館にて

はじめに

最近、東京などの観光地では、以前よりも外国人観光客を見かけることが増えてきましたよね。それとともに、道で迷っていたり、駅で困っていたりする外国人に出会うことも増えてきました。英語にちょっとでも興味のある方なら、英語が話せたら助けてあげられるのに、なんて思うのではないでしょうか。

この本は、そんな気持ちをお持ちの方、特に英語学習を始めたばかりの方や、英語をこれからがんばっていきたいと思っている方のための本です。易しい、使いやすいフレーズを使って、まちなかで外国人観光客を助けてあげるのに必要な英語の会話を練習できるようになっています。

2014年に日本を訪れた外国人観光客は1,341万人だそうです。2000年には年間476万人でしたので、そこから比べると3倍近くに増えています。2020年の東京オリンピックもありますし、政府は外国人観光客を今の倍以上に増やすことを目標に色々な施策を打っていますので、これからもどんどん外国人観光客は増えていくことでしょう。

英語を学習している人、英語に興味がある人は、日本にいながら実際に英語で会話をするチャンスがどんどん増えていくということです。もしかしたら、明日にも駅で、道端で、困っている外国人観光客に声をかけられるかもしれません。「Excuse me?」と。

残念ながら、外国人観光客に聞いた「日本で困ったこと」のアンケートでは、「コミュニケーション」の問題が多くあがっていたそうです。せっかく日本に興味を持って、休暇を使って日本へ観光に来てくれた方々に、できるだけ素敵な旅の思い出を作っていただきたいですよね。その一つの方法として、英語で困っている観光客をサポートしてあげられる日本人がどんどん増えていくといいな、と思い、この本を作ることにしました。

日本人の多くは、見知らぬ他人に声をかけることをあまりしませんが、明らかに困っている外国人観光客がいたら、自分から声をかけて助けてあげられるようになりたいものです。そのマインドも必要ですし、何よりも、相手の言うことを聞き取り、知りたいことを教えてあげられる英語力が必要です。

この本では、まず観光客に聞かれそうな英語フレーズの中で、特によく使われる表現を10種類学びます。それから実際にありそうな15のシチュエーションごとに、動画を使ってネイティブの英語を聞き取り、そして回答する練習ができるようになっています。回答例や解説、その他にありえる質問・回答の例や、「覚えておきたい語彙一覧」も載せています。

ぜひこの本をフルに使って、まちなかで外国人観光客に話しかけられたときにとっさに対応できるように、自分のよく行く場所をイメージしながら練習してみてくださいね。

ワクワク英語学習コーチ
谷口恵子(タニケイ)

プチ・レトルの発行電子書籍紹介

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プチ・レトルの発行電子書籍紹介

  • twitter
PAGETOP
Copyright © プチ・レトル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.