こんにちは。タニケイですわーい(嬉しい顔)るんるん
このブログを書き始めてから、こんなコンセプトでやっていきたい、とか、会社を辞めることにしたきっかけとか、そんなことを書いてきましたが、「それで実際なにするの?」という質問をよくいただくので、今日はそれにお答えしちゃいますexclamation
実は、すでに動き始めているのですが、最初の第一歩は・・・
「電子書籍」本ですexclamation×2
とあるブログをもとにした電子書籍、いわゆる「Kindle本」を作る仕事を始めています。
「Kindle本」は、時間と少しのITスキルがあれば個人でも作れますし、読める端末も多いので、電子書籍の世界は発信側も受信側も爆発的に広がっていくと思われます。わたしたちのような素人でも電子書籍を出せてしまう、というところが実験的で面白く、いますぐにやる意味があると思っているのです。そして、自分たちの「見る目」には、結構自信を持っているので、自分たちが「面白い!」「イイ!」と思ったものを電子書籍として出そうとしています。
ただ、昨日のブログでカズが書いていたように、私たちの仕事のコンセプトは、「これをずっとやっていく」というものではなくて、自分たちが面白いと思うことを、どんどん探して、見つけて、やっていくというものなので、この電子書籍の仕事をするのは数か月~長くても1,2年じゃないかと思っています。
たぶん、わたしたちのやりたい「仕事」は、ふつうイメージする「仕事」とはだいぶ違うものだと思います。会社で働くひとも、専門職のひとも、専門性のあるスキルをベースに独立したりフリーで働いたりするひとも、「私はこれをやっていく」というものがあるのが普通だと思うのですが、カズもわたしも、どうやら、どの型にもはまることができないようなので、自分たちで新しい働き方を見つけることにしたのです。
というわけで、「会社」は作りますが、「この会社はこれをやっていきます」というものではなくて、面白いこと、楽しいこと、本当にやりたいと思うことを全部やっていくにあたって、会社にしたほうが何かと便利なので、会社の形態をとります、というだけなのです。
なんか変わってるけど面白いなコイツら。と思っていただけたら幸いです揺れるハート
「これだけは変えたくないな~」と思うことは、「仕事を通して、何か社会の役に立ちたい、素敵だと思うひとのサポートがしたい」ということです。そういう仕事だけを一生できたら、本当に幸せなことexclamation×2 そして、そういう生き方を、最初から諦めずに、試してみたいと思っているのです。
ちなみに、今の会社(誰でも知ってる大企業ですふらふら)でも、本当に意味があると思える仕事や、誰かの役に立っていると思える仕事をしているときは、「お給料なんていらないから、この仕事だけさせて~exclamation」と思いながら、楽しく働いていました。そういうときは終電まで仕事をしたり、家で週末仕事をしたり、喜んでしていました。ですので、たぶん私は、働くこと自体は、かなり好きなんだろうと思います。カズと同じく。
そして、自分自身のことだけでなく、仕事は本来、楽しめるもの、楽しまないといけないもの、だと思っています。だって、そうじゃないと一生懸命、情熱をもって働けないじゃないexclamation&question
「全然楽しくないけど頑張って働いてます」なんて、自分は絶対に言いたくないし、そんなことをいう人がいたら、本当にそれ以外の道がないのか、ちょっと考えてみてほしいな~と思うのです。
次回は、いま、電子書籍ビジネスを始めるにあたって、わたしたちが色々実際に苦労していること、試行錯誤していることを書こうと思います。自分たちがやりたいことであれば、いろんなハプニングも全部楽しめるんだな~と、実感していますわーい(嬉しい顔)
お楽しみに~ハートたち(複数ハート)