プチ・レトル初めての紙の書籍 『3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング』 が発売になりました!!

「どうしたら英語が聞き取れるようになるのだろう・・・。」
人によりレベルは違うにせよ、英語を勉強している(勉強しようとしている) 全ての日本人がこの悩みを抱えているのではないでしょうか。
『3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング』は、そんな悩みに答えて、最も効果的なリスニングトレーニング法を紹介する本です!

本書で紹介している「タニケイ式シャドーイング」は、著者のタニケイ(谷口恵子)さんが、自身の経験から生み出した最も効果的なリスニングトレーニング方法です。
ただなんとなく英語を聞き流すのではなく、聞き取れない原因をきちんと突き止めて、そこにポイントを絞った練習をすることで、今まで聞き取れなかった英語がすんなりと耳に入ってくるようになるトレーニングです。

本書は、そんな「タニケイ式シャドーイング」のトレーニング方法の説明に加えて、すぐに実践できる12回分(3ヶ月分)の練習教材(音声ダウンロード付き)を掲載。練習教材は、TOEICにも頻出のビジネスシーンに即した内容に仕上げました!
また、本書の後半には、3ヶ月のレベル別TOEIC対策法、絶対に知っておきたい発音のコツ、単語の効果的な覚え方、実際のコミュニケーションを通じた具体的な英語学習法も紹介。英語学習に役立つ情報が満載の一冊になっています!

タニケイさんオススメの学習方法は、「タニケイ式シャドーイング」を1日30分×3ヶ月続けることです。タニケイさんによると、1日30分×3ヶ月とは、「聞き取れるようになった」と実感できるようになるだけでなく、TOEICなどの試験でも成果が出るのに十分な期間だそうです。

ここで実体験を少々。実は、編集者である私も「タニケイ式シャドーイング」に助けられたのです。
私は、大学生の頃に8ヶ月間イギリスに語学留学をしたことがあります。イギリスに行くまではほとんど英語を聞いていなかったので、留学してリスニング力が上がったと喜んで帰国しました。ところが、イギリス英語にずっと触れていたためか、アメリカ英語らしい単語と単語を繋げた話し方が聞き取れずに、帰国後も悩んでいました。
そこで取り組んだのが、本書で紹介している「タニケイ式シャドーイング」です。私はこれを2ヶ月実践することで、TOEICのスコアを80点アップさせることができました!今では、単語と単語が繋がった英語への苦手意識もなくなり、以前のような「聞き取れなかったらどうしよう」という不安もなくなりました!

そんな、自分自身が本当に効果を実感することができた「タニケイ式シャドーイング」を、全国の英語学習者のみなさんにもぜひ実践したもらいたいと思っています!
「タニケイ式シャドーイング」はトレーニング方法ですから、対象とする読者に英語のレベルは問いません!使用する教材の種類やレベルを自分に合わせることで、誰でも取り組むことができるのが魅力です。

今までリスニングに悩んできた方、独自の学習法を続けてきたけど効果が出なかった方、これから英語を勉強しようと思っている方、ぜひ『3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング』を読んで、リスニング力アップを目指しましょう!!

【書店で購入される方はコチラ
『3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング』を販売している全国の書店を紹介しています。
ぜひお近くの書店にお立ち寄りください。

【Amazonで購入される方はコチラ】