みなさん、こんにちは。
プチ・レトルのスタッフ、メイです!

今年は5月10日(日)が母の日、6月21日(日)が父の日ですね。
みなさんは、ご両親への贈り物はもう考えましたか?

私は悩んだ末、読書好きの父にKindle端末を贈ることにしました!

Kindleといえば、
①多数の本を1つの端末で持ち運べる
②紙の本と変わらない読み心地
③経済的
などなど、最新の技術がたんまり詰まっていて、部屋が本で溢れかえっているような父にとってピッタリなのでは!と思ったのです。

では、父の日に贈るべきKindle端末は一体どれなのか?
私の視点ではありますが、今発売されているKindle端末を比較してご紹介しますので、参考にしていただければと思います!

種類は大きく分けて2つ

・読書に特化したもの
・読書以外にも色々できちゃうもの

すごく大雑把ですが(笑)

まず読書に特化したもの、それが「Kindle」です。

black-kb-slate-04-lg._V308762492_

きっとみなさんもご覧になったことがあるのではないでしょうか?
「Kindle」にも3つ種類があります。

無題

Kindle
・最も安い価格で購入できる
・読書に特化した機能
・Wi-Fiのみ使える

Kindle Paperwhite
・Wi-Fiまたは無料3Gが選べる
・内蔵ライトがつき、暗いところでも読書ができる

Kindle Voyage
・Wi-Fiまたは無料3Gが選べる
・内蔵ライトがつき、暗いところでも読書ができる
・解像度が高くなり、より文字が読みやすい
・この3つの中で一番軽い

ちなみに、
キャンペーン情報なしの場合 +¥2,000
Wifi+無料3Gの場合 +¥5,200
と価格が変わるので注意です。

「キャンペーン情報」とは、読書をしていない間、スクリーンセーバーとしてAmazonの宣伝情報が表示されることです。

popup-dtcp-kv._TTH_

例えばこんな感じ。
読書をしている時は一切表示されないので、気にならない方はキャンペーン情報有りのままでも全く問題無いと思いますが、プレゼントにするならキャンペーン情報なしにしましょう!!

次に読書以外にも色々できちゃうものが「Fire タブレット」です。以前は名前に「Kindle Fire」とついていたのですが、「Fire」のみに改名されています。「Fire」は「Kindle」と違い、カラーに対応してるほか、アプリ、音楽、インターネット、ゲーム、電子メールなどの機能が利用できるので、読書以外も幅広く楽しみたい方にぴったりです。

35436489-7_610x435

「Fire」はさらに4種類に分かれています。

無題2

iPadなどと違いタブレットでこの価格! タブレット初心者にはピッタリの商品です。
ちなみに、同じ機種でも容量(ストレージ)によって価格が異なりますので、チェックしてください!

たくさん種類がありましたが、この中でも私自身が父に贈ろうと決めたのは、Kindle Paperwhiteです。

なぜなら、読書好きの父に、私が贈りたいのは「読書をすること」に特化した端末。タブレットだといろんな情報がありすぎて、読書だけに没頭できないのではないかと考えました。

「Kindle Paperwhite」なら、活字に触れることが多い父に十分に対応できているし、「Kindle」と違い、内蔵ライトがついているため暗い中でも読むことができるので、寝る前の読書も一緒に寝ている母に迷惑をかけずに楽しめます。

家でWi-Fiが使えるので無料3Gは不要、広告は表示されないようにしたいので・・・と考えると、全て合わせて¥12,280!
うん、これはもしかしてとってもお得かも?

ここで紹介できた特徴はほんの一握り・・・まだまだ奥深いKindle。

みなさんも、自分のお父さん、お母さんだったらどれなら喜んでくれるかな―?と考えながら検討してみてください!きっとピッタリの端末が見つかると思います!

素敵な父の日・母の日になりますように!

メイ