お待たせしました!!

英語学校FORWARD石渡誠先生の著書、オバマのスピーチ”The Audacity of Hope”(2004年の民主党党大会での有名なスピーチ)を使った、英語朗唱トレーニング本のPart2を昨日出版いたしました。

英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編 Part2
英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編 Part2

全部で16分ほどのスピーチを5つのパートに分けて、発音練習からスピーチ・テクニックまで、あらゆることを学んでしまおう、という実践的なトレーニング本です。

Part1は最初の3分間のオバマの自己紹介のスピーチでした。自分や自分の祖先と、アメリカ全体の話をうまくつなげていく、非常に勉強になるスピーチでしたね。

英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編 Part1
英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編 Part1

Part2では、アメリカという国の素晴らしさについて語りながらも、そんなアメリカが抱える問題点に触れ、それに対処できる人物として、大統領候補のJohn Kerryを紹介する、というところまでの、約4分のスピーチを対象にしています。身近な具体例を出して聴衆の共感を呼び、聴衆の期待感を盛り上げていくオバマのスピーチ・テクニックは見事です。

電子書籍ならではの、音声や動画をたくさん入れた、実践的なトレーニング本ですので、ぜひさらっと読むのではなく、ステップごとに音声を聞いたり、動画を見たり、英語を口に出して練習しながら、朗唱トレーニングをしてみてください。

Part1のトレーニングを終えた方も、これからPart1を始めるという方も、ぜひ一緒に「朗唱」で英語をモノにしましょう!!